曲がり松商店街

江戸時代から続く商業の中心地

旅館さかなや隠居に立つ、曲がり松をシンボルとした商店街。
かつて海沿いの商店街であったことが窺い知れ、江戸末期から中心地として栄えてきました。

旅館さかなや隠居の前に立つ、潮風で大きく曲がった黒松(曲がり松)をシンボルとした商店街。
この松は磯馴松(そなれのまつ)と呼ばれ、かつて明治の終わり頃から昭和の中頃に存在した「磯浜海水浴場」に近かった海辺の商店街に立ち並ぶ海浜特有の松林の面影を残しています。
江戸時代末期から明治時代創業の旅館・造り酒屋・水産加工品店などの老舗がのれんを連ね、港町の商業中心地として栄えてきました。
近年では若い後継者が新たな取り組みにチャレンジしており、商店街を活気づけています。

駐車場
あり
前のページへ戻る